【ラヴニカのギルド】お強いカードが出て参りました

先週のプレビューはプロモとコモン・アンコモン中心でしたが、今週からレアや神話レアなども出始めました。

今回はその中でも使い勝手の良さそうな、と言うか「つえーな!」と思ったものをピックアップしてみて行きます。

 

彩色の灯籠/Chromatic Lantern

最近5C親和バーンと言うデッキを構想中なので、ジャストミートなアーティファクトなのですが、ラヴニカへの回帰より再録だそうで(無知)

(3)設置で好きな色1点を出せるだけでなく、自分の土地全てが5色ランドになると言うド派手な《常在型能力/Static Ability》を持ちます。

これ置いとけば事実上「色拘束の概念が崩壊」するので、ショックランド+M10ランドも手伝ってマナベースのガバガバ度に拍車がかかりますね!

これ自体がマナ出せるので、重ね引きした時も安心です。

取りあえず4枚買っとこ。

 

Assassin’s Trophy

これはもう既にかなりの話題を呼んでいるので、ここではおさらいと言う事で。

コイツは言わずと知れた《突然の衰微/Abrupt Decay》の亜種ですが、歴代最強の2マナ除去では無いかと言われています。

(黒)(緑)インスタントで、対戦相手の全てのパーマネントかつ対象に取れるものなら何でも破壊出来る。

基本土地でもプレインズウォーカーでも、対象に取れるならとにかく何でも破壊出来る。(※破壊不能とかは無理だけど。)

強い(確信)

デメリットは相手がライブラリから基本土地を1枚サーチして、直接戦場にアンタップイン出来るだけ。

 

強い(強い)

 

これが2マナ…?

このデメリットの土地加速については《流刑への道/Path to Exile》を使っている諸兄らには説明不要ですよね、土地1枚与えるだけで致命的なカードと交換出来るのがどれほど強いか。

簡単な話、

 

土地1枚出していいから、その致命的なカードは死んでね?

 

って言う敏腕ネゴシエーターもビックリな交換を強要する訳ですから、強く無い訳が無いですね。

 

ちなみに衰微に比べて弱体化したのは「打ち消される」って所ですね、ありがちなシチュエーション的にはX=2で置かれた《虚空の杯/Chalice of the Void》に手を出せないとか、手札がリッチな状態のコントロール相手にはまず通せないとか。

まぁゴルガリカラーだしね?ハンデス先に撃てば良いし、そもそも衰微も散らして使えば良いだけの話です。

なお、昨日購入していた《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》が2枚届いて何とも言えない顔になってます。

これで良くね感がひどい。

 

ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer

こちらもラヴニカへの回帰から再録、こいつはねぇ…MOの実況動画のストームデッキで良く出てくるやつのなので知ってます。

もうすぐ落ちる《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》と入れ替わりの形になりますが、伝説じゃ無いから横に並べられるこっちの方が使い易そうですね。

ちなみにこのコスト減は新メカニズムの《再活/Jump-Start》で支払うコストも減るよね?

なんか悪い事出来るかも知れませんね。

 

Sunhome Stalwart

新メカニズムの《教導/Mentor》を持つ白騎士、すなわち2/2先制攻撃。
最近私が好んで使うドミナリアの彼の如く(1)(白)と色拘束が緩いのもポイント高し。

まぁこいつは騎士じゃ無くて戦士みたいだけど、かなり好みの性能です。

 

うーん、発売前のこのちょろ出し期間がたまらなく好きです。

 


あとがき

大分前に同僚が「目の前でパック剥いてフェッチ当てたら霊気紛争おごりますよ(笑)」とクチを滑らしたのをネチっこく覚えていた私は、今日昼休みに目の前で覇王譚を剥いて見事にフェッチランドを引き当ててやりました!

すると今度は「霊気紛争でマスピ当てたら晴れのオリパおごりますよ(笑)」とクチを滑らせたので、今日帰りに晴れる屋大阪店によって運試しします。

買った方が安い、は通用しないぜ(ガチャ脳)

 


関連記事

【ラヴニカのギルド】イゼット団注目のカード

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。