[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 人間絡み

新型コロナウイルスとか言う、マジでイカれた感染性構造体のせいで公式のプレリイベントも中止されたまま明日発売を迎える「イコリア」「統率者2020」のデータが、本日(※2020/04/16)午前中に公式APIで解禁されました。

これを受けて当サイトでは全力でデータ調整を終わらせ、WEBアプリに両セットのデータを実装致しましたので、一足先に新カードを試して頂ければと思います。

 

初見の方へ

当サイトのデッキエディタは、ブラウザのみで動作する完全無料のWEBアプリケーションです。

主な機能は「デッキリストの作成」「一人回しのシミュレータ」で、最新機能としては自分で組んだデッキを他の人にも一人回ししてもらえる「スタンドアロン機能」が実装されています。

デッキエディタ開発記録 vol.21 – Ver.2.0リリースノート

ちょっとマニュアルが更新出来ていませんが、大体の感じで動かせると思います(適当でごめんね)

ホントに自由が利かない状況ですので、同じMTGファンのみんなの暇つぶしになれば幸いです。

 


さぁ、長いこと続きましたイコリアの個人的注目カード紹介もコレが最後となります。

ラストを飾るのは人間です。

私はモダン環境における「5色人間」と言うデッキの完成度の高さに、尊敬と畏怖の念を強く感じておりまして。

こちらが使うのではなく、使われる側なんだけどね!

本当に良く出来ていて、総対戦数はゆうに100回を超えているにも関わらず未だに関心する事があったりして、考え出したビルダー凄すぎるでしょwって。

 

良く出来すぎたデッキで有るが故に、大きなアップデートが無かった人間デッキですが、今回のイコリア次元の人間は「生き残る事に全てを費やしている」と言う公式設定に恥じないぐらい強力なカードが追加されました。

コヤツらが引き金となって、モダンに再び人間ブームが訪れるやもしれないので、今から予習して返り討ちにしてやろうって作戦を敢行しようと思う。

今回はがっつりモダンのお話ばかりになります。

 


ドラニスの判事

2マナ1/3で妨害系の常在型能力を持つ人間。

分かりやすく「ズルはダメですよ!」と書かれているのですが、

ただしお前だけな(ニチャア…)

とも書かれています。

なんか最近こう言う「俺はするけどお前はするな系」ばっかだよね、強力な効果は全体に及んでナンボだと思うんだ。

赤単だから月が使いやすい!とか、俺は墓地利用しないからRIP出すぜ!みたいな工夫があるから面白いんでないの?と。

 

ちなみにコイツによって影響を受けるのは

  • フラッシュバック呪文全部
  • 出来事領域の呪文全部

カード単体なら、

  • 霊気池の驚異
  • 墓所這い
  • ハーコン
  • スクイー

などなど、かなり影響範囲がデカい事が分かります。

他にも擬似フラッシュバック系では瞬唱の魔道士や任務説明、青ハルクに神童ジェイスとかも封じる事が出来ますね。

人間デッキが置物を使わずにこれらを対策出来るのはかなり強力だと思うので、サイドの有力候補になってくるんじゃないかと思っています。

 


ラバブリンクの冒険者

3マナ3/3の標準ボディに、変則的なプロテクションを持つ人間。

人間デッキの中では大きめサイズのボディなので、コイツが膨らみ始めるとマジで「手がつけられん!」となりそうな未来しか見えません。

偶数が奇数かは相手のデッキによりますが、プッシュ、パス、憤怒、ミラーの勾留代理人とかをまとめて完封出来る奇数を選ぶ事が多そうですね。

 

ところで人間デッキに刺さるサイドと言えば《倦怠の宝珠/Torpor Orb》な訳ですが、コイツは《翻弄する魔道士/Meddling Mage》と同じく「選びながら出てくる系」なので、着地までは行っちゃうのがスーパーいやらしいです。

帆だこで手札除いてから偶数奇数を決めたりも出来るし、人間シナジーはやっぱりヤバいです。

 


ドラニスのクードロ将軍

3マナ3/3の標準ボディに、珍しい人間ロードの常在型能力、人間が出る度に対戦相手の墓地をチクチクする誘発型能力、アド損はするものの条件付き単体除去が出来る起動型能力を持つ伝説の人間。

いや、なんか色々盛りスギィ!

人間デッキは基本的に+1/+1カウンターをばら撒いて打点を上げていくので、ロードの恩恵は割とどうでも良いかな、伝説だから並べられないし。

それより2番目の誘発型能力を薬瓶経由でインスタント化して墓地誘発の何かを妨害したり、盤面がビタ止まりしてる時の突破口として機動型能力を使ったりする動きが強そうだなと(※引き裂く方のエムラくんも破壊出来るよ!)

一番難しいのは抜く枠を用意する事だと思うけど。

 


将軍の執行官

2マナで熊さんを一方取れる2/3の優秀なボディに、変則的な除去耐性を与える常在型能力、そして少し重めだけどアドが取れる起動型能力を持つ人間。

おそらくクードロさんとこの優秀な配下、自分のコントロールしている伝説の人間が破壊不能になります。

先にコイツを除去かー、みたいな単純な話ならまだしもモダン以下には薬瓶があります。

物凄いあるあるなケースだと、

サリア鬱陶しい!追加コスト払ってでも除去や!!

あるあると言うより、2ターン目のお決まりなんだけどさ。

とにかく、サリアは基本的に「どけないとマズい系」のクリーチャーです。

だからプッシュとか握ってたら「2マナ払ってサリアに撃つ」よね?

そんな時に颯爽とコイツが薬瓶から飛び出して来たら、

  • 除去が無駄撃ちになる
  • 当然サリアが場に残る
  • 勿論執行官も場に残る

良くできた悪夢である。

 

ゆうてモダンの人間デッキには、伝説のクリーチャーなんて2マナのサリア3〜4枚と、たまに3マナのサリア1枚とかだから、大きくデッキ構成が変わらないとスタメンは難しいか。

起動型能力の方は土地の構成上、そもそも起動出来るか怪しいのでなんとも。

スタンなら将軍を守りながら、将軍の起動型能力の弾を生成出来るシナジーになってるので強いと思います。

 


不吉な戦術

パスが1マナ重くなったら土地をあげなくて良くなりました!

一応追放したクリーチャーのタフネス分のライフロスと言うデメリットが有るけど、人間をコントロールしてるだけで免除。

ユルユルです

そもそも、ちっちゃいのどけるだけならライフぐらい支払うしね。

 

これ強いなー。

モダン級かどうかは使ってみなきゃ判断出来ないけど、ライフロスしてでも吹っ飛ばす価値の有るクリーチャーなんて山ほど居るし、土地を渡した事でマウント取られて負けるなんて珍しく無いしね。

比較対象としては《終止/Terminate》かな、戦慄掘りはちょっと違うし。

マルドゥカラーを使うときにどっち選ぶか聞かれたら…コッチ選ぶかも知れない程度には強そうに見えます。

白が混じるとすぐに追放しちゃうのホント怖い。

 


一心同体

1マナで自分がコントロールしている「人間」「人間じゃ無い」2体を、ターン終了時まで+1/+1修正した上に破壊不能にしてしまうインスタント。

《防護の光/Sheltering Light》にタイプ縛りを付けたらいっぱいオマケ貰えたよ!って感じのカード。

人間デッキだと2番目の効果が腐るんじゃないかって?

そんな事は無いぜ、俺は人間デッキには詳しいんだ。

あのデッキは人間デッキとか言いながら、メインから青い顔面のおっさんが必ず入っていて、サイド後なんてケンタウロスやら小人やらキャリアーとか言う訳の分からんモノまで、元気よく薬瓶から飛び出して来やがるんだ。

つまりこの呪文で、最大2体のクリーチャーを破壊除去から守る事が出来ます。

そして「1つまたは両方を選ぶ」と書かれているので、ほぼ腐る事が無く使えるのがとてもエライですよね。

モダンの人間デッキは構成上《致命的な一押し/Fatal Push》が全てのクリーチャーに刺さるので、相手が「よっしゃ、プッシュでなんとかしたろ!」と言うプランを立てていた場合に、大いに計算を狂わせる事が期待出来ます。

 

では、最大値を狙うならどうするかを、実際にあったケースで考えてみよう。

  • 帆ダコが相手の手札から強力なプレインズウォーカーを追放中。
  • 拘留代理人が相手の戦場から強力なアーティファクトを追放中。

ここで《神々の憤怒/Anger of the Gods》のような全体ダメージや、《滅び/Damnation》なんかの全体破壊除去を撃たれると、人間側は悶絶モノです。

しかしこの呪文が有れば、たった白1マナでこの2体をピンポイントで守る事が出来る。

他のクロックが流されてしまったとしても、クリティカルを避けつつ、逆に全体除去を撃った側はテンポと打開策を同時に失うと言う結果になる。

 

ただし、メインから入っている非人間クリーチャーは《幻影の像/Phantasmal Image》《拘留代理人/Deputy of Detention》ぐらいなので、ホントに使うとしたらサイド後のお守りって感じになるのかな。

出た時に仕事をする秋の騎士は仕方ないとして、疫病を仕組むものやガドックは刺さるデッキには刺さりまくるので「早くどけないと!」となりがちなクリーチャー。

結果的にこの呪文に引っ掛かりやすくなりそうじゃないかな?

 

以上、イコリアの個人的注目の人間絡みのカードでした!

メインのフィニッシャーにラバブリンクの冒険者、サイドにドラニスの判事はマジでモダン級だと思うんだけど、いかがなもんでしょ。

 


関連記事

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 白

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 青

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 黒

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 赤

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 緑

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 多色

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 無色

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。