[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 青

さて、イコリアのプレビューから注目カードを抜粋したまとめ記事の青いカード編をお送りします。

何やら今回はやたらとサイクリング能力が目立つので、ホロウ・ワン好きの開発者が水面下で動いている可能性が出てきましたね!!

そのまま水面から出てこない可能性しか感じないけど。

 


Tenere al Sicuro

自分がコントロールしているパーマネントを対象に取ってくる呪文限定の打消し。

恐らく感覚的には《潜水/Dive Down》《顕在的防御/Blossoming Defense》「能力が弾けなくなった版」みたいな使い心地なんだと思うけど、こっちは土地だろうがプレインズウォーカーだろうが、エンチャントだろうが、なんでも守れる範囲の広さ!

本部以蔵もビックリの守護力と言えます。

そして、なんと言っても2マナのカウンターにキャントリップが付いているのがとにかくエライ!

モダン環境なら《差し戻し/Remand》と併用してテンポ取りまくりとか、フェアデッキに地獄を見せる事が出来そうで、非常に良いカードだなって思います。

はい?モダン環境にフェアデッキがジャンドぐらいしか居ない?

 

そんなこと…無いでしょ?(震え声)

 


Neutralize

標準的なマナコストを持つ打消し呪文、サイクリング(2)が付いている。

下環境では使われない系だけど、スタンでは過去に《検閲/Censor》が広く使われていた事を考えると、コレもそこそこ使われるのではなかろうか。

とにかくサイクリングと言うメカニズムは「絶対に最低限の仕事はする」って所が良いね、取りあえず付けときゃ完全に腐る事が無い丸いカードになるのがポイント高し。

 


Reconnaissance Mission

自分のクリーチャーが戦闘ダメージを与える度に1ドローするエンチャント。

サイクリングも付いているので、スタンでは割と使える部類な気がします。

4マナは流石に重いけど、自軍のクリーチャーが全部《執着的探訪/Curious Obsession》がくっついたみたいな状況は流石に強い。

勿論、青単テンポで使うには重すぎるので、ファイヤーズやシミックのランプ系デッキで手数を増やす補助として採用してみたい所です。

こんなもの放置していたら、圧倒的なアドバンテージ差が付いてしまうので相手からしたら放置出来ない(=避雷針になる)ので、そう言う意味の強さが出るかも知れない。

MTGはとにかく「いっぱいドローしたら強いゲーム」ですからね!(自論)

そして困ったらサイクリング、つまりドローって事。

 


불길한 바다

2マナ設置で1ドローのたびにカウンターを置いていくエンチャント。

通常ドローでも、追加のドローでも、ルーティングの引いて捨てるでもオッケーなので、意外とすぐに貯まると思います。

そして、なんとスタンプを8個貯めると8/8のでっかいイカが貰える特典付き!

コントロールデッキと言うよりは、イゼフェニみたいな「こまけぇこたぁ良いから、とにかくドロースペル連打するんだよ!」みたいなデッキに入れたらかなり強そう。

パイオニアのイゼフェニでワンチャン有るんじゃない?って思ってる注目カードです。

そして困ったらやっぱりサイクリング!

 


Shark Typhoon

自分がノンクリーチャーな呪文を唱える度に、そのマナコストのP/Tを持つ空飛ぶサメが産まれるド派手なエンチャント。

マナコストを踏み倒した時のルールは

マナ・コストを支払わなくても、その呪文の点数で見たマナ・コストも変化することはない。

引用 – MTG Wiki

となっているので、とにかくスタンで《創案の火/Fires of Invention》を使わせたいらしい。

実際これらを組み合わせると、やる気がなくなるぐらい巨大な空飛ぶサメがバカスカ出てくる地獄の盤面と化すでしょう。

 

とまぁメインの能力はネタ全開なのでアレとしてw

このカードの真の力はサイクリングの方に有ると、言っても過言では無いです。

サイクリングコストとしては初(?)となるXコストとなっており、(1)(青)に加えてXマナ払う事で、X/Xの空飛ぶサメが飛び出しますよと。

これ呪文じゃ無くて手札に有る時の起動型能力なので、スタンだと《物語の終わり/Tale’s End》みたいなカードでないと撃ち消せないんですよね。

つまり

  • すげえ打消し辛い
  • X/Xのフライヤーが出てくる
  • キャントリップ付き
  • インスタント呪文っぽいカード

って言いかえる事が出来て、物凄く強そうに見える。

可変値ってのも良いね、長引けばフィニッシャーサイズで出せる訳だし。

 

むむ?

呪文じゃないって事は創案の火の制限を無視出来るって事になるのか。

呪文2連発した後とか、相手のターンにも撃てると。

流石にファイヤーズ推し過ぎで、ちょっと気持ち悪いですね!

 

なお、このカードの元ネタは「シャークネード」と言うB級パニック映画だそうです。

ニコニコ大百科に載っていたので、軽く解説を読んでみたら超面白そうだったので、Amazonプライムでレンタルしてみようと思います。

こんな状況だしね、インドアで楽しめるのは良い事です。

 

以上青の注目カードでした!

ハングルで読み方分かんないけど、あのエンチャントは4枚買ってイゼフェニに突っ込んでみようと思う。

次回は黒いカードです、引き続きよろしくお願いします。

 


関連記事

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 白

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 黒

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 赤

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 緑

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 多色

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 無色

[イコリア:巨獣の棲処] 注目のカード – 人間絡み

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

6 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。