デッキエディタ開発記録 vol.27 – カード分類の仕様変更?(未確定)

皆さんこんにちは、2020/1/24発売のテーロス還魂記のフルスポが出たのを受けて、ちまちまと画像データを登録しておりました。

で、一応プロモ含め全てのカード画像データの変換やリネームが終わったのですが、今回は結構気になる事がありまして。

 

これまでのセットでは、公式API上でのデータ分類は

  • メインのセット+プレインズウォーカーデッキ
  • プロモーションカード

と大きく2つに分類されていて、内部的なエキスパンションコード(=略号)も分けられていました。

いわゆる番外カードってヤツですね!

そして現時点で最新のセット「エルドレインの王権」ではブロール用テーマデッキとコレクターブースターが追加されて、内訳はこんな感じに微変更されました。

  • [ELD] メインのセット+プレインズウォーカーデッキ+ブロールデッキ
  • [CELD] プロモカード+拡張アート版+ショーケース版

カードギャラリーでは公式APIの公開情報通り、ブロールデッキは「メインセット」の方に含まれていました。

参照:https://mtg-jp.com/products/card-gallery/0000184/

でね、今回の新テーロスのギャラリーはこうなってます。

  • [THB] メインのセットのみ
  • [未公開] メイン以外のカード(※プロモカード+拡張アート版+特殊星座版)

メインのカードと番外カードの内部コードをキッチリ分けてくれるってのなら、非常に良い改善点な訳ですが…ギャラリーでは分けてるけど「実際は混ざってる」とかだと抜き出すの面倒くさいなぁとw

参照:https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/theros-beyond-death

 

3日後(※2020/1/16)MO&Arenaへの先行実装と併せて公式APIにもデータが公開されると思うので、ドキドキしながら待つとします。

皆さんは早くデッキを弄りたいと思うので、実装を楽しみにしていてくださいね!

作業状況はいつも通りTwitterでお知らせしますので、よろしければ「@uri_mtg」のフォローをよろしくお願いします。

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。