デッキエディタ開発記録 vol.3 – アナライザー実装

アナライザーを実装して、デッキエディタはVer1.1.0となりました。

Twitterの方でもチョロチョロと要望を頂いてまして、簡単なモノは即実装して「デキる男風」を装っております。

メッキが剥がれるまでは頑張ります。

 

さて、初見の方はまずはこちらの記事をお読みください。

デッキエディタ開発記録 vol.1

と言う定型文を書きまして、本題と言うか報告です。

 

アナライザー実装したよ!

 

これは必須だと思うので、急ぎました。

各種数値を見たい時は「それを触る」と言う仕様です、ツールチップがみょいんと出てくる感じ。

凡例をタッチすると一時的にそのデータを非表示にできますが…コレはあんまり使わないでしょう。

 

ちなみにグラフを表示したままメインボードとサイドボードを切換えると、ぐにぐに動きます。

Chart.jsはいじってても楽しいライブラリですね!

 


今後の予定

アナライザー部分に「土地から出る色を集計して欲しい」と言う要望が来てまして。

私もとても欲しい機能なのですが…テキストから判断出来るのかな?ってぐらい書式が複数有るんですよね。

単純にマナの表記だけで判定しに行ってみたら、起動コストを誤認識したりでかなりカオスな事になってますw

あとはフェッチランドとか未開地みたいな「そもそもマナシンボルが書かれていないカード」はどうするんだとか、問題が山積みでございます。

ここはもうバグありきで実装してみて、皆さんのフィードバックで徐々に精度上げて行くしかないのかなーと。

 


関連記事

デッキエディタ開発記録 vol.4 – パブリッシュ機能実装

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。