モダンはおもちゃ箱4 vol.1 – ホロウ・ワン、リエール、イカ、うっ頭が

全世界のホロウ・ワン好きの皆さん、朗報です。

イコリアのカードを使った電波デッキを作ってたら、なにやら自然とホロウ・ワンが入るアーキタイプがうっかり出来ちゃったんですよ。

それってもう殆どダブルハッピー婚でしょ?

ベースになってるのが電波デッキと言う部分を除けば、ホロウ・ワン復活の兆しとなるかも知れない大チャンス、ここは慎重にトライ&エラーして行こうと思います。

電波デッキだけど。

 


パラボラアンテナおばあちゃん

今回の発見をお伝えするには、きっかけとなった《常智のリエール/Rielle, the Everwise》と言うおばあちゃんを紹介する必要がある。

この方は「イコリア次元の事ならなんでも知っておるんじゃよ」と言う賢者みたいな人物、その設定からして《変容/Mutate》に関する能力かと思いきや

 

このターンの初めに捨てたカードの枚数に等しいカードを引く

 

と言う極めて怪しげな能力を持っており、最早ローグビルダーの目には電波受信装置パラボラアンテナにしか映らなかったのは言うまでもありません。

 

とにかくカードをいっぱい捨てれば良いんでしょ?

 

なんと甘美な響きか。

 


質より量にてイカ来たる

要するにこのおばあちゃんは、

ドローするけど手札を捨てなければならない

と言うカードと組み合わせて使うと、デメリットがメリットに変わりアドバンテージを得る事が出来ますよーってカード。

例えば同セットに再録された《安堵の再会/Cathartic Reunion》なら

2マナ+2ディスカードの後3ドローしてから2ドロー

すなわち

1枚使って2枚減って5枚増える=5ドローして手札が2枚増える

と言う事になり、それは確かに強力と言えます。

ここで「手札が増える」と言う強力な効果を、あえて・・・少し脇に置いて考えてみる。

5ドローして手札が2枚増える

なるほど。

これは同じくイコリアの新カードである《不吉な海/Ominous Seas》を置いておけば「一気に5個もカウンターが乗るぞ!」って事が言いたいんだよね?

8個要求されるカウンターのうち、過半数を超える5個を獲得。

不吉な海を置いた次のターンと仮定すると、通常ドローで1枚引いて1個乗っている状態なので、予兆カウンターは6個で「あと2ドローで8個溜まっちゃうぞ!」とか、そんな感じになるのでしょう。

 

優しい世界かな?

 

殺意剥き出しの理不尽デッキが跳梁跋扈するモダン環境で「結局何もしない」のは、余りにも慈悲深い行動だと言えます。

手札が2枚も増えてるんだから十分強いんだけど、その…なんて言うのかな?

手札を2枚増やした上に更なる外道行為を働いた方がモダンっぽい

と思うんだよね!(危険思想)

 

そんな訳で白羽の矢が立ったのが《ゴブリンの知識/Goblin Lore》、コイツを1枚唱えると?

2マナで4ドローの後3枚捨ててから3ドロー

すなわち

1枚使って4枚増えて3枚減ってから3枚増える=7ドローで手札が3枚増える

ホラ強い!!

手札の増える量は勿論、予兆カウンターも一気に7個!不吉な海を置いた次のターンにはイカが湧き出してくるって寸法ですよ。

そしてイカを出した次のターンのドロー、また1個乗って、そこからゴブリンの知識をお代わりすれば?

悪夢のイカ・ビュッフェの時間が始まるのです。

 


バカそうで安心した

以上が構築中の電波デッキの草案、相変わらずの3枚コンボでクソデッキの最低基準は満たしていますね!

少しでも安定させようと、安堵の再会に加えて《胸躍る可能性/Thrill of Possibility》まで4枚入れてたんだけど、コレ系の呪文って「手札が無いと何もしないどころか唱えることすら出来ない」ってのがさ、物凄くストレスを感じる訳ですよ。

なのでひとまずこの2種類8枚を候補から外し、ゴブリンの知識と同じく手札が無くても唱えられる大規模ルーティング《燃え立つ調査/Burning Inquiry》を4枚フル投入。

たった1マナで6ドロー&手札が2枚増えるのは強いと思うし、相手がノーマリガンでニコニコしてる時の1ターン目に投げつけるだけでも、物凄い嫌がらせになるんだよねw

これは問題無く採用として、あと4枚は何を入れるべきか?

 

ゴブリンの知識4枚、燃え立つ調査が4枚。

 

これってもしかしてー(棒読み)

 

驚くほど自然に、ホロウ・ワンがそこに収まる事になったのでした。

 

さて、ファーストインプレッションは如何だったでしょうか。

なんとかしてホロウ・ワンを強く使うために、各種検証をしっかりとやって行きたいと思うので、久々におもちゃ箱をひっくり返すシリーズで連載する事にしました。

ノンビリとお付き合い頂ければ幸いです。

 


関連記事

次の話

モダンはおもちゃ箱4 vol.2 – ホロウ・ワン×クラーケン

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。