[気になる1枚] 虚無跡のガルガンチュアン

昨日エディタのダッシュボードに実装した「あなたを象徴するカード」と言う新機能、一晩明けて結構な数の方がドローしてくれたようで嬉しい限りです。

蓋を開けてみれば「完全ランダム+1日1回ドロー+ストック不可」って言う残念なガチャみたいになってしまっているので、いずれテコ入れしたいと考えています。

 

さて、完全ランダムなドローと言うは「普段使わないカード」「見た事すら無いカード」と出会うキッカケにもなり得ます。

私はこの機能を利用して「これは面白い!」と言うカードを引いた時に、考察記事を作る事にしました。

 


今日の1ドロー

では早速今日のドロー結果です、MTGと言うゲームはいっぱいドローしたら強いから1枚でも多くドローしたいです。

アラーラ再誕のアンコモンで3マナ5/6。

アンコウやタシグルを一方的に討ち取れ、四肢切断にすら耐えうるボディは確実に強いと言えます。

マナレシオどうなってんだ

これは余程のデメリットが有りそうです。

 

Nulltread Gargantuan / 虚無跡のガルガンチュアン (1)(緑)(青)
クリーチャー — ビースト(Beast)
虚無跡のガルガンチュアンが戦場に出たとき、あなたがコントロールするクリーチャー1体を、オーナーのライブラリーの一番上に置く。

5/6

引用 – MTG Wiki

ふむ、Wikiの解説によると

  • クリーチャーを1体以上コントロールしていないと、自らをバウンスしてしまうので戦場に出る事が出来ない。
  • バウンスしたクリーチャーは手札では無くライブラリトップに戻るため、次のドローが阻害されてしまう。
  • 上記2つを併せるとカード面でもテンポ面でも大きなアド損になる。

との事。

自らに《タイム・デストラクション/Time Destruction》を撃つ訳だから、何か一工夫しないと酷い事になるのは目に見えてますね。

 

真っ先に思い出したのは《僧帽地帯からの援軍/Aid from the Cowl》と言う霊気紛争カード。

このガルガンチュアンを出せば自動的に《紛争/Revolt》を達成するので、強烈なCIP能力を持つクリーチャーをライブラリトップに戻す事で、エンドステップに勝手に戻ってきて、アド損を回避しつつもう一発CIP能力を誘発させられる的な?

後はでっかいのが殴った後の第2メインでコイツを出し、アタックでタップ状態になったデカブツを起こすみたいな事も出来るか。

文字だけで読むと手間ばかりかかって弱そうに見えるけど、場には5/6が出つつだから「それなりに強力」な動きだと思う。

 

いやちがうな、ダブシン5マナのエンチャントが置かれている状態で「やっとそれなりに強力」な動きが出来るだけか。

 

そもそもこんな悠長な事するなら、2ターン目に《倦怠の宝珠/Torpor Orb》とか《静寂をもたらすもの/Hushbringer》を出して、3ターン目からコイツを連打していった方が遥かに強いに違いありません。

むしろ(1)(緑)(青)が出せるならオーコ出したほうg(うわなにをするやめろ

 

以上、見た瞬間「何か出来そう!」と思ったんだけど、そうでもなかった思わせぶりクリーチャー、虚無跡のガルガンチュアンさんでした。

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。