[知識の渇望] フラッシュバック収録枚数TOP10

さぁ、今日も張り切って集計ランキングを付けて行きますよ。

今回はフォロワーさんからリクエスト頂きました

フラッシュバック関連

の集計を行います。

フラッシュバックコストはデータ上、テキスト内に書かれた文字列で判別するしかないため、一旦テキストをぶっこ抜いたあと正規表現でコスト部分を抜き出し、その中に書かれているコストを解析しながら分岐加算みたいな感じでやってみたよ。

ちなみにフラッシュバックって「定番系」以外のものを探すと結構面白いのがあったりするので、デッキのオシャレ枠としてカード検索してみる事をオススメします。

 


フラッシュバックの収録枚数が多いセットTOP10

ひとまず収録枚数の集計、具体的な数字は全く知らないので楽しみです。(※2020/06/02現在の集計)

 

第1位

オデッセイ
Odyssey

リリース 2001-10-01 タイプ expansion
収録枚数 28

栄えある第1位はオデッセイ、このブロックのテーマは「墓地利用」で、新メカニズムとして《スレッショルド/Threshold》《フラッシュバック/Flashback》が誕生したそうです。

 

第2位

イニストラード
Innistrad

リリース 2011-09-30 タイプ expansion
収録枚数 27

続いて第2位は我らがソリン様の統治(自称)するイニストラード、オデッセイのリリースから9年の時を経て、再び墓地利用がテーマのブロックがやってきたみたいです。

惜しくも1枚差で1位を逃しましたが、モダンばっかりやっている私の中では「フラッシュバック=イニストラード絡み」って印象が凄く強いため、納得の順位と言った所。

 

第3位

闇の隆盛
Dark Ascension

リリース 2012-02-03 タイプ expansion
収録枚数 19

第3位は同じくイニストラードブロックの闇の隆盛、小型エキスパンションでこの枚数だと、セット内の比率はトップかも知れないですねw

先ほど印象が凄く強いと書きましたが、実際にイニスト絡みには大量のフラッシュバック呪文が収録されていたんだなーと。(感慨深い)

 

第4位

統率者2019
Commander 2019 Edition

リリース 2019-08-23 タイプ commander
収録枚数 15

ここで突然のコマンダーシリーズがランクイン、マジックで人気のメカニズムをテーマとして開発された製品のようです。

フラッシュバックが人気なのは頷けます、良いよね。

 

第5位

ジャッジメント
Judgment

リリース 2002-05-27 タイプ expansion
収録枚数 9

フラッシュバックが生まれたオデッセイブロック、その最後の小型エキスパンションが第5位にランクイン。

とは言え収録枚数は1桁の9枚と寂しい。

ここでこんなに枚数が減ってしまうと、先が思いやられます。

 

第6位

時のらせん
Time Spiral

リリース 2006-10-06 タイプ expansion
収録枚数 8

折り返しとなる第6位は時のらせん、このセットはフラッシュバックが~と言うより、物凄く多くの種類のキーワードが収録されていたり、番外カードで旧枠カードが出てきたりする「お祭りセット」のような位置づけなんだと思う。

この番外カードのおかげでモダンリーガルになったカードも多く、個人的に大好きなセットです!

 

第7位(タイ)

統率者2015
Commander 2015 Edition

リリース 2015-11-13 タイプ commander
収録枚数 5

第7位は再びコマンダーシリーズがランクイン、このセットはいくつかの過去のキーワードをいくつか収録と言う「フワッとした」感じで、別にテーマとかそう言う訳では無いようです。(だから少ないんだろうけど)

 

第7位(タイ)

モダンホライゾン
Modern Horizon

リリース 2019-06-14 タイプ draft_innovation
収録枚数 5

同じく7位タイとなったのは、悪名高きモダホラがランクイン。

スタンを経由せずにモダン以下の環境に新カードを供給!

このコンセプトは良かったんだけど、如何せんカードパワーが高すぎて沢山の問題を引き起こしました。

 

ほ゛くの たからものの オハ゜モをころしたウルサ゛は せ゛ったいに ゆるさないそ゛。

復活しないかなぁ。(しないだろう)

 

第9位

トーメント
Torment

リリース 2002-02-04 タイプ expansion
収録枚数 4

フラッシュバックが生まれたブロック、の2つめの小型エキスパンションが第9位にランクイン。

4枚?少なくない?と思うんだけど、このセットでは《マッドネス/Madness》が誕生したんだそうです。

フラッシュバックもそうだったけど、マッドネスもやっぱりイニストラード絡みの印象が強いんだよねぇ。

この組み合わせはやっぱり意図的だったりするのかな?

 

第10位

統率者2014
Commander 2014 Edition

リリース 2014-11-07 タイプ commander
収録枚数 2

第10位にギリギリ滑り込んで来たのは、またもやコマンダーシリーズのセット。

製品情報でもフラッシュバックについては全く触れられておらず、収録枚数は2枚のみ。

完全に「たまたま選ばれた」だけなんだろうなとw

 

以上、セット内のフラッシュバック収録枚数の集計結果でした!

カードデータ登録と共に成長する「まとめページ」もよろしくお願いします。

 


関連記事

最初の記事

[知識の渇望] マナコストが重たいセットTOP10

前の記事

[知識の渇望] 平均マナコストの高低TOP5

まとめページ

知識の渇望(マニア向け)

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。