2018年9月末のローテーション後を見据えて(最終回)

今回でこのシリーズは最終回。

 

本当にローテ後のデッキ考察なんてのは、最初のエキスパンションのフルスポ出た後のタイミングまで意味無いなって思っているうりです。(※勉強になった。)

前回悩みに悩んだ挙句「海賊や!」とか言ってたのですが、フルスポ見て諜報をコンセプトに考えると殆ど入れられないなと。

《宝物/Treasure》《見張りによる消散/Lookout’s Dispersal》の高いコスパを活かしたかったのですが、かなり海賊に寄せないといけないし、そうすると折角の新メカニズムの諜報が中途半端になって良く分からないデッキになってしまう事は明白。

ただ、海賊を中心に練っていたクロックパーミッション戦略はそのまま使って行こうと思います。

序盤~中盤ぐらいまでの動きは結構シミュレートしたし、少ないながらも経験上有効な戦略で有る事は間違いないであろうと言う事で!

 


今期のスタンを振り返る

今期は延々とエスパーコントロールを使ってきました、特にドミナリア発売後は《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》がとにかく強くて、もはや「+1でドロー、エンド時に2枚土地起こします。」って言うゲームだった気がする。

でもよく考えると盤面をコントロールした後は、ほぼ必ず《副陽の接近/Approach of the Second Sun》を2回唱える事による特殊勝利ばかりだったと思います。

つまり副陽もデタラメに強かったんですよね、相手のライフがどれだけあろうが2回目が通った瞬間勝ちって言う。

赤系のアグロが支配する早い環境だったので、コントロールデッキってジリ貧寸前まで追い詰められてそこからひたすら耐えて行くみたいな展開になりがちで。

勿論コントロールを維持出来なくなった瞬間に死んでしまうので、副陽の7点ゲインと《燻蒸/Fumigate》のリセット+ライフゲインがこれまたマッチしてたんですよね!

今期を振り返ると言う事で、今更ながらコントロールを支えた偉大なカードを記録しておきましょう。

 

コントロール三種の神器

  1. 燻蒸

    全体リセットにオマケ付き、1:複数交換&ライフゲイン&呪禁を無視とか言うトンデモカード。

  2. 副陽の接近

    2回唱えるとその時点で勝利するトンデモカード、2回目は通す必要があるが1回目はなんとカウンターされても良いと言う謎の救済処置が付いている。
    しかも唱える毎にライフが7点ゲインすると言うオマケもまたトンデモでした。

  3. テフェリー

    今や下環境でも《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》と双肩を成す最強プレインズウォーカーと認識されているパワーカード、プラス能力でドローしたターンの終わりに土地を2枚アンタップするその強さがMr.コントロールの名を欲しいままにしている。

 

うん、個人的にはこの3枚が私のエスパーコントロールを勝たせてくれていたと言って間違いないです。

このうち2枚(燻蒸と副陽)が環境から消える=私の腕ではコントロールデッキを扱えそうにないと言う結論に至りまして。

カウンターの質が…とかカッコいい事言いたかったんだけど《否認/Negate》《本質の散乱/Essence Scatter》もあるんだから、大して言い訳にならないと言うかw

 


構築中のデッキについて

コントロールじゃないけど、経験値が高いコントロール要素含んだクリーチャーで殴り勝つデッキがいいなーと辿り着いたのが《クロック・パーミッション/Clock Permission》でした。

資産を活かすためにカラーはエスパーにしたいので、クロックは定番の青絡みフライヤーで。

ザックリとした戦略は、スタンのアンセム事《順風/Favorable Winds》がクロックパーミの弱点である「線の細さ」を強力に補うと同時に、絶対に何らかの形で環境に居座ると思われる《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》をメタって戦線を作って行きます。

そして新メカニズムの諜報で手札の質を高めつつ、どんどん太って行く《ディミーアの偵察虫/Dimir Spybug》を各種カウンターや妨害で守って殴りきるのがメインの勝ち筋って感じです。

 

デカブツについて

大型フライヤーとしては新カードの《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》がタダ強なの採用したい所ですが…ライフゲインが捨てがたいので《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》の方が良いのかなぁ。

天使ロード能力が完全に腐るから微妙に噛み合ってないけど、順風でサイズが上がればタフ6までは一方的に落とせるから超強そうなんだよね。

 

土地の枚数について

コントロールの時は24枚を目安にしてたので、23枚ぐらいかなと思っています。

ゆうてマナベースはゆるゆるだし、色問題よりマナスクリューのがキツイ。

ササっと展開した後は構える戦い方になるからね、マナフラ気味の方がよっぽど良いと思われます。

 

その他のカード

ここが解決しなくて悩んでます!カウンターにハンデスに諜報絡みのカード、順風が固定で4枚入るので更に枠がキツイ。

なにやらディミーアのカードにリアニメイトがあるから、とんでもないデカブツ入れて諜報で落として釣り上げてしまうのも良いかなぁとか。

 

うーん、MTGは楽しいなぁ。

 


あとがき

全12回の不定期連載、最後までお読みいただきありがとうございました。

新シリーズは次期スタンのド頭から新環境の事を考察して行くものになりますので、引き続きご愛読いただければと思います。

それではみなさん、ラヴニカ次元で会いましょう!

 

2018年9月末のローテーション後を見据えて – 完 –

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。