[Modern] グリクシス・シャドウ/Grixis Shadow

ついに瞬唱を4枚手に入れたので、前々から興味のあったデッキを組んでみました。

<グリクシス・シャドウ ver.2/Grixis Shadow>

《死の影/Death’s Shadow》をキーカードにした、クロック・パーミッションです。

初めてのアーキタイプなので勝手が全然わかってなかったり、フェッチランドが全然足りてなかったり、思考囲いが1枚足りなかったりで色々穴だらけなリストだと思いますが、取りあえず戦ってみて感じを掴みたいと思います。

 


構築について

Ver.1として最新のルールスのヤツを参考に作ってみたんだけど、《相棒/Companion》仕様変更を受けた現状では「このデッキでの運用は無理」と判断しました。

ただでさえライフをゴリゴリ支払って危なっかしいのに、

  • ソーサリータイミングで3マナ払ってルールスを手札に加える。
  • 再びソーサリータイミングで3マナ払ってやっと出てくる。

とか悠長すぎやしないかと。

確かに《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》《炎の印章/Seal of Fire》をグルグルするのは強力だけど、その胡散臭さゆえのナーフだと思っています。(※思考掃き使うから、ルールス抜きにしてもガラクタは有用だと思うけど。)

これならルールスで構築に制限かけるより《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》を使って、マナコストの制限をかけない方がよっぽど強いんじゃなかろうかと。

ラスアナ使う時点でルールスは相棒指定出来なくなるので、イコリアリリース前のリストを参考に組み直したのが今回のリスト。

《通りの悪霊/Street Wraith》はやっぱりこのデッキと相性良いし、ラスアナで回収してもう一度サイクリングって動きも強そう。

地味に殴れるサイズなのも良いですねw

 


探査クリーチャーについて

ルールス型では無いグリ影は通常、第2の矢として《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》のような《探査/Delve》持ちクリーチャーが搭載されています。

最速で2ターン目に着地出来るらしいし、シャドウの弱点である《致命的な一押し/Fatal Push》が効かないし、普通にフィニッシャー級のサイズだったりと強力。

しかし探査クリーチャーは「着地前の墓地対策」で無力化されると言う、割と大きな弱点を抱えています。

まぁ1回でも叩きつけて、処理にもたつかせる事が出来れば「すでに強い」とも言えますがw

今回のリストでは、この枠に《死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death’s Hunger》を突っ込んでみました。

場に定着させようとすると、結局探査みたいな挙動になっちゃうし、それに加えての(黒)(黒)(赤)(赤)が重いじゃんみたいな。(※実際一人回しでも脱出コストがきつかったから3枚に減らしたぐらい。)

しかしクロクサは「フィニッシャー」であり「追加のハンデス」でもあり、さらには「本体火力呪文」でもあると言い換える事で、なんとも強そうな気がする凄いクリーチャーなのです!

え?クロクサ使いたいだけだろって?

 

だって好きなんだもん。

 

実際墓地対策されて唱えるのが困難になる探査クリーチャーより、サクッと2マナでハンデスと本体火力として使えるのは優秀だと思うしね!

まんまと脱出に成功したらそれこそ勝負を決め得るスペックだし、シャドウに取っておきたいハズのプッシュをクロクサに撃つ羽目になったり、そもそも囲いや審問でピンポイントに除去を抜いてやるとか、いくらでもやりようは有るさ。

手札をズタボロにして、今引きの脅威にはカウンターや除去を当てるって流れが理想かな。

 

シャドウとクロクサの2枚看板で大暴れ、実戦に持ち込むのが楽しみです。

 

以上、久々の構築記事でした!

一人回しの感触的に、おそらく囲いの4枚目を買う事になりそうです。

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。