[Modern] ジャスティス・ジーロット/Justice Zealot

正義のためなら何でもやっちゃうボロス軍主催の「正義の炎で焼き尽くせフェス」を開催します、焼け野原に再び火を放つ時が来たのです。

Justice Zealotジャスティス・ジーロット(正義の狂信者)

ダサい(確信)

 

ベースは《罠の橋/Ensnaring Bridge》《血染めの月/Blood Moon》を置きつつ、相手の展開やクリーチャーによるクロックダメージを減速させながら火力呪文で本体を焼ききる《バーニングブリッジ/Burning Bridge》で、バーン系デッキの最大の弱点である《神聖の力線/Leyline of Sanctity》による、ある意味0ターンキルを未然に防ぐため白をタッチしたボロスカラーを採用。

ゲーム開始時に4マナのパーマネントを設置するとか言うルールを破壊する行為は、正義を第一に考えるボロス軍の前ではご法度である事を分からせてやりましょう。

 

デッキリストには理想として、現在絶賛プレリ中のモダンホライゾンのカードが2種類含まれていますが、現物はまだ手元に無いため山と平地をそれぞれ入れた物を実戦で使用しています。

ドロー変換出来るアンタップイン2色土地と、ブラッドムーン割られたら機能を取り戻して墓地からライブラリトップに置き直せる土地。

流石にこれは強いと思います。

 

デッキリストはコチラ:
<ジャスティス・ジーロット/Justice Zealot>

 

実の所バーンデッキを組むのが初めてなので、モダン環境現役でバーンを愛用している諸兄らには「遅そう」と思われるかも知れません。

正直自分でも「赤白コントロールかな?」って思わなくもないのですが、やってる事はバーニングブリッジなのでデッキ名はそれに倣いました!

それ以前にこれまで自分がボロスカラーと言う物を組んだ事が無かったらしくて、赤白の土地がショックランド1枚のみしか持ってなくてビックリしました。

 


構築について

基本は罠の橋と血染めの月で色々縛って、相手が鈍化している間に正義の炎っぽい呪文で相手を焼き尽くせばOKです。

動画で試合を見て研究していると、フルバーンはメタられてたら「メインからイージーウィンを与えてしまう可能性があるな」って印象を強く持ってしまいました。

そこで焼きづらいクリーチャーへの解答として《神の怒り/Wrath of God》や、相手本体に呪禁を与えるような置物対策として《断片化/Fragmentize》をメインに積む事にしました。

サイドには血染めの月がほぼ無意味になってしまう単色デッキ、特に部族デッキのようなアグロ系に対して《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》と入れ替えられるよう同数の3枚を積んでバランスを取っています。

クリーチャー除去に貴重な火力呪文を撃たされ過ぎて「本体を焼き切れない」って展開が最悪だと思うので、リセット呪文で複数交換を取りやすい状況を作るには?とかやってると、どうしても中速コントロールみたいな構成になっちゃいますね。

 

ではでは、個別にポイントとなるカードを解説していきます。

 


槌のコス/Koth of the Hammer

公式の灯争大戦ストーリーの下の方にある「プレインズウォーカー略歴」を辿ってたらたまたま見つけました。

彼がラヴニカに来なかったのには訳があって、現在新ファイレクシア(=ミラディン次元)の奥深くに潜伏しているらしい(※まだご存命の模様。)

コレもうドミナリアのストーリで触れていたカーンが主役のストーリーで、カーン&コスが手を組んで新ファイレクシアに立ち向かうヤツですよね!楽しみです。

 

復帰組の私は彼の活躍を全く知らない訳ですが、とにかく山を強化する能力しか持っていません。

うん、既に言いたい事は伝わったと思うけど。

血染めの月使ったら山だらけになるじゃん?

強そうじゃん?

って思ったので入れてみました。

 

シナジーはコチラ、血染めの月が出ているとパワーアップするよ。

  • +1能力:ターン終了時まで対象の山をアンタップして4/4のクリーチャーにする、コスの着地と同時に山を1枚走らせたり稲妻を構えたり。
    <血染め状態>対戦相手の山化した土地を対象に取ってクリーチャー化し、神の怒りのようなリセットに巻き込んだりできる。
  • -2能力:自分のコントロールする山の数だけ赤マナを出す能力、着地と同時に起動出来るので2アクション取る事も可能になる。
    <血染め状態>必然的に山だらけになるので、爆発的なマナブーストが可能なので《苦悩火/Banefire》などで一気にライフを詰めて差し上げましょう。
  • -5能力:自分のコントロールする全ての山が「タップで1点」を持つようになる奥儀、バーンの息切れやマナフラが完全に解消される。
    さらにアーティファクトじゃない無色のダメージソースはかなり貴重。
    <血染め状態>必然的に山だらけになるので、クリーチャー除去が効かないティムだらけになる、相手は絶望するしかない。

 


復讐のアジャニ

お兄ちゃんをコロコロされて激おこで灯が点火した直後の猫ちゃん。

取りあえず「稲妻のらせん撃てます」と書いていたので採用してみました、このデッキではこんな感じの評価です。

  • +1能力:対象のパーマネントは次のアンタップ・ステップにアンタップしなくなる能力、クリーチャーの足止めや土地を指定してのマナ拘束、果ては《霊気の薬瓶/Aether Vial》をコケたままにするなど、ぷんぷん丸の割に結構器用な事が出来る能力(かわいい)
  • -2能力:ソーサリータイミングだけど《稲妻のらせん/Lightning Helix》が撃てる、Any Targetなのも凄くエライと言うかシンプルに強い。
  • -7能力:相手だけ《ハルマゲドン/Armageddon》しちゃう奥儀、正直決まれば凄まじいアドバンテージを得られる訳ですが、最速でも着地から5ターン後になるのでまず無理な気がする(※と言うより-2能力が強いからどの道貯まらない。)

復讐とかブチ切れてるとか、およそ正義っぽくない状態の猫ちゃんですが、ボロス軍の誇る超有名カードであるヘリックスを内蔵しているため「実質ボロスらしい」と言えます。

 


コーの火歩き

バーン対策にサイドインされるこのカードを、バーン自ら入れる事でバーンを対策する(混乱)

試運転にて対戦相手にサイドインされた《配分の領事、カンバール/Kambal, Consul of Allocation》によって「バーンに対してライフゲインはマジで効く」って事を身をもって理解したバーン初心者うりです。

てぇ事は、赤いスペル唱える度にモリモリライフが回復するコイツを入れとけば、バーンミラーじゃ負けないでしょって事で。

オマケに赤を含むクリーチャーのアタックも優しくキャッチ、立ってるだけで仕事するとか有能過ぎるね。

相手に出された場合?

 

すべそれ!!

 

はい、解決(乱暴)

何だかんだでラスゴって強いよねって事をひしひしと感じます。

あ、一応コスの奥儀まで辿り着いていれば山からの無色ダメージで処理出来なくもないのかな。

 


無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator

灯争大戦のプレインズウォーカー特有の「相手だけ悪影響を受ける常在型能力」で、ティボルト氏はライフゲインを禁止する。

これで単純なライフゲインだけでなく絆魂とかも封じれるので、容易に安全圏に逃げる事は出来なくなるに違いない。

ヤられるとキツいならヤらせなければ良い理論

である。

 

クリーチャーを展開しないデッキなので、元々はスタンで禁止を喰らった《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》を採用しようと思っていたのですが、ヘリックスや復讐アジャニとの相性の悪さに加え、神の怒りで一緒に吹っ飛ぶのが面白く無いと思っていた所にピタリと収まったナイスなカード。

死ぬと1点を飛ばすシンプルにウザいデーモンをチクチク出せるのもGoodです。

このデッキの天敵であるライフゲインを阻害しつつも、自分のヘリックスはライフゲイン出来ちゃうとか名誉ボロス軍だと言えます。

 


地震/Earthquake

古き良き全体X点火力、元々《紅蓮地獄/Pyroclasm》を入れていましたが、横に並べてくるデッキは例外なくロードなりアンセムなりカウンター乗せるやつなりがセットで使われるので、とにかく撃ち漏らしが多いんですよね。

地震ならクリーチャーを一掃しつつ本体にもダメージが入る点を買って採用しました。

ライフを詰めれば詰める程相手の行動を制限出来るのがバーンデッキなので、これがかなり良い働きをしてくれます。

ライフにアドバンテージがあるならエンドカードにもなるので使い勝手は良好、実際に使ってみて「凄く良い」と思いました。

飛んでる子は全て撃ち漏らすのはご愛嬌。

 


信仰無き物あさり/Faithless Looting

バーン定番のドローエンジンである《精神嵐の冠/Mindstorm Crown》や守りの要である罠の橋を出している状態で、手札に重い呪文が複数来た時に無理矢理捨てるために使用する。

実際これが無いと手札を使い切れずに無駄にダメージ受けるシーンが有ったり、罠の橋がガバガバになったりしたので採用してみましたが、タイミングによっては使いたくないなど「取捨選択がとても難しい」印象を受けました。

理想は墓地に落としておいて、そう言う場面が来たらフラッシュバックするのが最も良い運用方法ですね。

 


ボロスの魔除け/Boros Charm

ボロスバーンではまず4枚積みされるであろう、3つのモードを持つチャームサイクル。

紹介するまでも無いかと思いましたが、灯争大戦で追加されたプレインズウォーカーのド級・ヘイトカードである《古呪/The Elderspell》を防ぐのにも使えると言う使い道を見出しました。

勿論《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》とか《浄化の輝き/Cleansing Nova》みたいな置物に対するリセットにも有効。

これで返されたら絶句するよね。

 


こんな感じでございます。

遊びで作ったにしてはそこそこ予算もかかってるし、不慣れな使い手と言えどトップメタの5色人間とも戦えるって事で中々良いデッキなのかも知れません。

結局これはバーンなのか除去コンなのかは分かりませんが、デッキとしては結構丸いので色々なデッキと楽しく遊べるんじゃないかなって思っています。

 


あとがき

試運転にて5色人間と戦ったのですが、先攻2ターン目にトロウケア&爆裂のコンボを決めて相手の土地をゼロにして、3ターン目にブラッドムーン置いて「ブン回りww」とか思ってたらバイアルからの展開だけで5キルされました。

人間強すぎィ。

カマキリがいっぱい走ってきたら人が死ぬんだなって事を学びました。

 

取りあえず土地破壊に活路が見いだせなかったので、サイドで爆裂を全部抜いて、クロックを抑える《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》を入れた

牢・月・橋 – 堅守の三神器

で2戦目行ったら完封勝利しました。

5色人間って土地が少ない上に《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》がクリーチャー呪文にしかマナを使えないので、牢獄が面白いぐらい刺さりますね!

そして「中途半端に土地破壊を積むと弱い」と学んだので、そっとリストから抜きましたとさ。

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。