[Modern] トーラック氏はハンデス行為に興奮する – ミナハンデス

メガハンデス

メガを一段階強くする → ギガ

ギガデイン

ギガデインを一段階強くする → ミナデイン

即ちメガハンデスを二段階強くする → ミナハンデス

Q.E.D.

これだ。

 

なんかもうモダホラ2が出てからいくつデッキを作ったか分からなくなってきましたが、今回フューチャーするのは「遂に本人がカード化したぞ!」と話題になった《戦慄の朗詠者、トーラック/Tourach, Dread Cantor》さんです。

巷では「半裸の変態」とか「ゴミ袋を被った変態」とか「変態バットマン」とか言われてますが、彼は漆黒の手教団(笑)の創始者であり、それはもう大量の信者が居るぐらい、大勢の人々に慕われている人物です。

だからみんなもっと敬うべきだと思うんだよね、マジで。

 

そんな訳で、私はこの変態をフィニッシャーに据えたリストを組んで、最大限リスペクトしてみる事にしました。

<ミナハンデス/Everyone Hand Destruction>

自身へと向けられた賛歌であり、最凶のハンデス呪文と呼び声高い《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》を内蔵している事から、恐らくこのおじさんは「手札を捨てる」と言う行為に、異様に興奮してしまう性癖が有ると見て間違いない。

そうなってくると対戦相手だけでなく、自らの手札も捨ててしまえば、単純に2倍興奮するに違いないと言う真理こたえにたどり着くのは時間の問題でした。

 


戦術について

このデッキは皆で手札を捨てまくって、トーラックのおじさんを興奮おっきさせる事で勝利を目指します。

トーラックをおっきさせるだけなら、相手の手札だけを捨てさせれば良いのですが、基本的に自分にもデメリットのあるカードの方がコストが低く効果も大きく設定されている事が多いので、皆で捨てた方が効率が良いと思われる。

そしてこちらはディスカードのデメリットをメリットに変換する事でアドバンテージを得る、と言う机上の理論が戦術の中心となっている。

なお、このデッキを作ってから記事を書くまでかなり時間が空いたので、既に相当数の実戦結果が手元にあるため、それを元にそれぞれのギミックについて解説していこうと思う。

 


ピンクの小粒で詰まりを解消する

取り合えずハンデスを主軸にするデッキを使うなら、相手の手札が枯渇してからのハンデス呪文はすべからく弱いと言う弱点を理解するところから始めるべきです。

何故ならハンデスされる側はトップしたカードをそのままプレイし続けるだけで、ずっと「ハンデスが効かない状態」を維持する事ができるためだ。

しかもそう言う状態(=相手の手札が枯渇している)になると、トーラック氏は興奮を得る事が出来ず永久におっきしないため、いよいよただの変態となってしまうため具合が悪い。

 

燃え立つ調査/Burning Inquiry

そんな悩みを解決してくれるのがコイツ、どうやら私はこのカードがかなり好きらしい。

出てこないものを出す、即ち頑固な詰まりってヤツには、昭和の時代から「5層コートのピンクの小粒が効く」と相場が決まっているのだ。

〇ーラックと言う商品名的にもトーラックと相性が良いのは明白で、相手の手札が何枚であろうとも1マナ確定3おっきとなる。

相手だけじゃなくて自分も捨てるからこそのコスト設定、まさにミナハンデスの代名詞と言える一枚ですね!(強い)

本命である中盤戦以降の「手札が尽きた相手」にもおっきするし、ランダムディスカードで脅威が墓地に落ちたならサージカルでぶっこ抜いてやるのも効果的。

序盤に撃っても、相手の手札をぐちゃぐちゃに入れ替える効果が刺さったりする事もあるし、とにかく強い。(と信じる事が大事)

 

ガイアー岬の療養所/Geier Reach Sanitarium

コー〇ック程の破壊力は無いものの、実質3マナで毎ターン繰り返してミナハンデスが可能となる伝説の土地。

このデッキのコンセプトにこれ以上無い程マッチしているし、毎ターン起動してサイズを上げながら手札の質を上げていけるし、最早トーラックの実家と言っても差し支えないレベルだ。

これは実戦でも相当強力な動きをしており、トーラックキッカーからの毎ターン実家起動で処理不能な大きさになって行くのが楽しい。

後は無難に《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》でミナハンデスを付け足して、相手だけに万能ハンデスの《思考囲い/Thoughtseize》、そしてトーラック自身のキッカー能力、計15枚のハンデスカードを取り揃えた形となっている。

 


デメリットをメリットに変換

ここからは自らのディスカードをメリットに転じるギミックの解説、アドバンテージ担当と言った所か。

 

陰謀の理論家/Conspiracy Theorist

1枚目はストリクスヘイヴンの注目カードで紹介した、リリアナと相性が良さそうなおじさんです。

若干白目勝ちだが、トーラック氏と並べたらスーツを着たサラリーマンぐらい普通に見えるのでセーフ(?)だ。

コイツを着地させておけば、ミナハンデスを行った後に「捨てるハズだった土地じゃないカード」を1枚プレイ出来るためアドバンテージを得られる。

 

予定だったが。

 

すっごい死ぬ

 

とにかく死ぬ、不思議!

余りにも仕事をせずに死ぬため途中から「ニート」と呼んで蔑んでいましたが、相手のデッキの除去呪文がたまたま白に偏っていたため、プロテクション白を持つトーラック氏を対象にとれず、全ての除去がおじさんに降り注いでいた模様。

冤罪故に評価不能ではあるが、ヴェリアナの+1や実家起動でアドバンテージを得ていけるのは強いハズなので、また別の機会にこの組み合わせを試してみようと思う。

 

保有の鞄/Bag of Holding

もう1枚は大好評発売中のフォーゴトン・レルム探訪でも再録された魔法のカバン。

某猫型ロボットの所持する四次元ポケットと同等の収納力で、捨てたカードを全部ぶっこんでおくことが可能。

中身を取り出す前に除去されると中身を全てロストするが、複数のバッグを設置しておいて分割収納(※捨てたカードは自分で収納先のバッグを選べる)しておけば、相手も除去する時に色々考えて楽しいと思う。

コイツを着地させておけば、ミナハンデスを行うたびにカードをストックして行けるし、どこかのタイミングで「取り出す事が出来れば」大きなアドバンテージを得られる。

 

予定だったが。

 

すっごい弱い

 

とにかく弱い、不思議!

 

思ったよりカードが貯まらなかったし、何より(4)タップ+生け贄を起動するまで生きられない模様。

これは冤罪でも何でもなく、モダン環境のゲーム速度で4マナ域ってちょうどフィニッシャーが出て来るタイミングだからね、流石に無理があったようだ。

 


総評

正直デッキとしては弱い、しかしプレイ的には楽しい、そんな印象が強く残っています。

記録した試合結果を見ると、セット数的には3本取ったけど5試合やって全敗だったから、間違いなく弱い!

上手くトーラックが頑張れば勝てるけど、基本的には勝てないなって思いつつも、やたらと楽しくて気が付くと5試合こなしてたって言う。

敗因はそうだなー、クリーチャーが少なすぎて的を作った瞬間殺されてたのと、やっぱバッグが弱すぎたんだと思う。

改善点を挙げるなら、ディスカード対策をもっと真っすぐにしてやると良さそう。

例えばマッドネスとかフラッシュバックみたいな「素直に機能するカード」にしてやるとか、モダン環境のゲーム速度に食らいついて行くためには、やはり一定ライン以上の即時性が求められるって事だね。

 

以上、ついにカード化したトーラックを使ったデッキの紹介でした!

デッキ自体は全然おススメ出来ないけど、トーラック自体はそこそこ強いと思うので是非使ってみて欲しいな。

ちょっと遊んでみたかったぐらいの気持ちだったので通常アート版を買ったんだけど、変態度は拡張アート版の方が遥かに高いので、ヴィジュアルに拘りがある紳士淑女には拡張アート版をおススメしたい。

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。