[Modern] ボロス・インシネレイター/Boros Incinerator

聖帝チャンドラ様の御視察だぁ~~!!

 

最短2ターン目に着地したが最後、全ての戦闘外ダメージが相手の盤面に降り注ぎ、盾突くチャンプブロッカーターバンのガキは6/6トランプルのボディで無慈悲に蹂躙、愛ゆえに焼き尽くさねばならぬ世紀末バーンデッキが今ここに誕生した!(めっちゃ早口)

 

今回はもうすぐ発売される「基本セット2021」イチオシのカード、《チャンドラの焼却者/Chandra’s Incinerator》をキーカードにしたバーンデッキの紹介です。

なんか「燃やす人=モヒカンの雑魚」を必ず連想してしまう世代ですみません(北斗脳)

<ボロス・インシネレイター/Boros Incinerator>

火力呪文の総数は32枚、2ドローにつき1枚火力を引く事により焼却者とのシナジーが加速します。

今年の夏はキミも聖帝十字軍チャンドラファンクラブに入って汚物を消毒しよう!

 


戦略について

このデッキはバーン戦略を基本とし、圧倒的な戦闘能力を持つチャンドラの焼却者を戦場に出し本体に・・・投げつけた火力で盤面を制圧」しながら勝利を目指します。

デッキ名を冠する焼却者インシネレイター本体火力とのシナジーの塊であるため、モダンのバーンデッキならほぼ確実に入っている《ゴブリンの先達/Goblin Guide》《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》などを一切採用せず、有りったけの本体火力を詰め込んでいます。

初手はとにかく置き火力

焼却者のヤベー所は、戦闘外のダメージ1点につき呪文のコストが(1)減少する能力にあります。

これは同じターン内なら重複するためMaxの(5)減少を目指したい所、つまり絶対に届かない初手は「火力を置いて」2ターン目に備えるのが最善手となります。

このリストでは1マナで置ける火力として《炎の印章/Seal of Fire》《裂け目の稲妻/Rift Bolt》を4枚ずつ計8枚、気合で引いてキープしましょう。

2ターン目に叩きつける

さて、首尾よく火力を置けていたなら2点もしくは3点のダメージを相手の本体に叩き込めたハズだ。

次にやる事は2枚目の土地を置いて、1マナ使って3点火力を相手の本体に投げつけるだけ。

これは《稲妻/Lightning Bolt》《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》《批判家刺殺/Skewer the Critics》の12枚体制となっているので何かしら手札にあると信じたい。(※置き火力で絢爛を達成済みのため、批判家刺殺も1マナで撃てる。)

さぁここで算数の問題、置き火力+3点火力の合計ダメージは?

2+3=5

あるいは

3+3=6

どちらのパターンでも焼却者のコスト減少の最大値(5)に達しているため、残りの1マナでまんまと焼却者を叩きつけてやりましょう!

後はもう「本体火力=除去」になるので、6/6トランプルが戦場を駆ける抜けるだけのゲーム。

 

MTG簡単や!

 

いわゆるドブンってヤツだけどねw

とにかく1マナで焼却者を出す事に特化した構築なので、色んなシーンで叩きつける事が可能なハズです。

 


小技について

焼却者は誘発型能力も強力で、相手の本体に戦闘外のダメージが飛ぶたび、相手のコントロールしているクリーチャーかプレインズウォーカーに同じダメージを与える事が出来ます。

このカードはバーンが抱える「火力を本体に撃つべきか?無視できない脅威に撃つべきか?」と言う、物凄く難しい問題を全て解決してしまったのだ。

折角なので、シナジーを形成するカードの例を挙げてみよう。

 

金屑の嵐/Slagstorm

コイツはいわゆる「3マナ全体3点火力」の一種ですが、全クリーチャーか全プレイヤーかを選択できるので、完全に腐る事が無いのがポイント。

主な用途は横並びをなぎ払うためではあるが、相手の盤面に大してクリーチャーが並んでいないとか、厄介なプレインズウォーカーが突っ立っているとかの状況なら「全プレイヤーに3点で焼却者誘発、◯◯にも3点」と、ライフを詰めながらも特定の脅威を狙い撃ちにする事が可能。

ちょっとだけ器用な全体火力が、更に器用に使えるテクニックは覚えておいて損は無いでしょう。

 

大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel

今回一番期待しているシナジーがコレです。

相手がコスト3以下の呪文を唱えるたびに、相手のクリーチャーかプレインズウォーカにも2点飛びまくると言う地獄絵図になる予定。

つまりタフネス2以下の人権が完全になくなる事を意味する。

 

焼尽の猛火/Searing Blaze

相手がクリーチャーをコントロールしていないと唱えられないため「メインでは2枚」に抑えていますが、サイドには追加の2枚が搭載されているメタゲーム的に超重要なカード。

現在のモダンメタゲームのTier1には3種類のタイタンが居座っており、ヤツらは全てタフネス6。

赤い火力呪文で焼こうと思うと2:1の不利交換を余儀なくされ、多くのケースでアド損は確実。

しかし焼却者がいる状態で《上陸/Landfall》を達成すれば、焼尽の猛火で「タイタンとあなたに3点3点、焼却者誘発してタイタンにもっかい3点」とすれば、見事に1:1交換となる。

コレは必須テクニックだと思うから、絶対に覚えておこう。

 


サイドボードについて

毎度の事ながらメタゲームによるんだけど、今回はバーンのサイド定番である《頭蓋割り/Skullcrack》を切って《ギデオンの勝利/Gideon’s Triumph》を採用してみました。

私の身内メタゲームではバーンを使うと《コーの火歩き/Kor Firewalker》がやたらと出てくるんですよ。

アイツが突っ立ってると凄い面倒臭くて、どんどんライフゲインされるし、雑にブロックされてクロックさげられるしでホントきつい。

他にもバントスピリットの呪禁軍団もかなり厳しいので、頭蓋割りで「タイミング合わせてプロテクション(赤)を討ち取るバットリ」とかするより、両対応出来る布告除去が手っ取り早いのかなと。

 


その他

ガイドや速槍抜くとか信じらんない!と思われるかも知れませんが、私のメイン対戦相手がタイタンニンフを好んで使うため

森置いて樹上の草食獣出して、シミックの成長室置いて森戻して終わりです(初手)

って、ほぼ毎回言われるんですよ!

森置いて3マナからイリーシア木立のドライアド出して、ギャレンブリグ城追加で置いて終わりです(2ターン目)

って、結構な確率で言われるんですよ!

コレでもうビタ止まり、全く火力の足しにならないから要らない!(私怨)

 

だからこそM21で登場する焼却者は革命だと思うんだよね、ケダモノもドライアドも踏み潰せば良いし、桜族の長老はブロックしてサクるをやると6点全部貫通するし。

何より適当に本体に火力撃ち込めば、それが除去になるって言うね。

今までならクリーチャーに撃った火力は本体に飛ばなかった訳だから、手数が実質2倍になったようなもんでしょ?

しかも投げつけたのが自分のターンなら、おかわり焼却者のコストが減るって言うね。

そう、おかわりできちゃう、伝説じゃない、2体並ぶと誘発も2回、偉すぎる。

カタコトみたいになっちゃったけど。

 

以上、新カードをメインにしたデッキ案でした!

M21発売は2020/7/3です!はよ!!

 


関連記事

[基本セット2021] 注目のカード:チャンドラの焼却者

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。