Re: ゴリラ式で構築する馬鹿デッキ vol.4

うり「喰らえ、えーと…五重炎呪殺。」

同僚「何これ怖い」

 

本日の対戦も1-1で引き分け、1戦目はまたダブマリして負けました。

2戦目は《不幸の呪い/Curse of Misfortunes》から素出しから重量級の呪いを4枚貼りつけると言うクソゲーを押し付け切っての快勝だったので、実質僕の勝ちですねぇコレは(馬鹿)

《圧倒的輝き/Overwhelming Splendor》からの《死の支配の呪い/Curse of Death’s Hold》で、プレインズウォーカー以外を完封出来る流れが脳汁出ます。
※その分の時間稼ぎが出来ないと決まらないので、リンリンフル活用で頑張る。

ハイライトは《未練ある魂/Lingering Souls》のフラッシュバックと《乱脈な気孔/Shambling Vent》の起動バットリで相手の致死ダメージフルパンを凌ぎ切った所かな、リンリンまじで強いですね。

 


試行に試行を重ねて

ポツポツと公開され始めたラヴニカのギルドの情報に世間が沸いているのを横目に、家族サービスを終えた深夜に黙々と一人回しを続ける週末を過ごしたうりです。

なんかテキストにすると字面がかなりアレですが…時間を取るのって難しいからね、仕方ないね。

その地味な努力も有って、随分とこのデッキの性質が理解できて来たように思います。

 

これ、白黒アグロだ!

 

超重量級の呪いをフィニッシャーとした「呪いがコンセプト」の呪いデッキを作っていたのに、何故かナイトでガンガンにビートするデッキになっていたんですねぇ(困惑)

白黒ビートの機体が呪いになっただけじゃね?とか言われると、構築過程が全否定されてなんか悔しいので、何とかあちらより優位な部分をでっち上げる必要があるな!と躍起になって原因を探り始めました。

 


呪いデッキを成立させにくい原因

ひとえに《苦心の魔女/Bitterheart Witch》が超重たくて弱いくせに中々死なないから、成立しにくいって感じだと思われます。

死なないと言うか、パワーが1だから通しても大して痛く無いのがよろしくないんですよね。

自分の手の内を全て知っている状態でシミュレートしてる訳なので、こいつが出て来たら当然徹底的に放置する事を選びます。

前回辺りでチラッと書いたけど、サクり台が有れば解決するんだけど…初期手札の調整は今がベストに近いと思っているだけに、呪いを削ってサクり台を入れると言う本末転倒な事をしないといけません。

 


無視できなくする

クロックが細すぎて放置されるのが原因なら、放置できないぐらいクロックが太い《呪われた魔女/Accursed Witch》に比重を置けば良いよねって言う単純な理由からチェンジしてみました。

流石に4点のクロックを放置しておくわけには行かないハズだし、死亡誘発で相手を呪った時の「呪った相手を対象とする呪文のコストが(1)減少、毎ターン1点ドレイン」と言う効果は一見地味に見えて、全呪いのコストが減少するのと同義で《渇きの呪い/Curse of Thirst》の打点も上がると言う、中々シブいシナジーを持っています。

ん?結構強いんじゃないかなこの子。

すげえドヤ顔。

 


流刑はインスタント土地

このデッキはリンリンのチャンプブロックが頻繁に発生します、十分に土地が出ているならそれで良いのですが、序盤はブロッククリーチャーとしてリンリントークンを指定した後「戦闘ダメージステップの前」に自分のそれを《流刑への道/Path to Exile》で飛ばして土地を加速するテクニックがかなり重要になります。

破壊不能や再生(※あんまり見ないけど)、PIG能力を持つクリーチャーを白1マナ処理するパスの強さは皆が知る所だけど、インスタントタイミングで置ける土地だと言う認識も持っておくと良いですね。

余りにも有名な呪文なので常識かも知れないけど、私はモダンの白初心者なので大事な事だと思いました。

思えば昔やっていた頃はソープロこと《剣を鍬に/Swords to Plowshares》が現役で飛び交っていた訳ですが、土地の代わりにライフ与えるだけでこれと同じ効果とか、割と無茶苦茶な性能ですねw

まぁ自分の土地加速に使えないから一長一短か。

取りあえず4枚入れて見て順当に強い!と感じました。

 


そんなこんなで

入れ替えと微調整を繰り返して辿り着いたデッキは冒頭のように、ちゃんと相手を呪って倒す事が出来るデッキになってきました!

調整前よりもナイトで圧力をかけて、リンリンで守って、呪いを通して雁字搦めにして行くって言う「ゲームを作って行く感覚」が味わえて正直面白いですw

 


あとがき

これ呪いは軒並み数十円だし、除去は《夜の犠牲/Victim of Night》とか《板歩きの刑/Walk the Plank》で良いし、ハンデスは少し不便だけど《強迫/Duress》《抜去/Divest》を使い分ければ良いしで、結構替えが効くカードが多いです。

リンリンも意外に安いし、エディションを選ばないならラスゴもワンコインでおつり来るんですよね。

良い感じになってきたら、格安の下位互換バージョンのリストも作ってみようかな。

MOの入門で格安メガハンデス作ったら外人さんに超キレられたトラウマがある私は、こちらのデッキの方がおススメ出来ます…w

 


関連記事

Re: ゴリラ式で構築する馬鹿デッキ vol.5

theuri Written by:

エクソダスからイクサランの相克まで約20年のブランクを持つ復帰勢、罠の橋を愛している。 デッキ構築を何よりの楽しみとしており、それを管理したり一人回しをシミュレートするWEBアプリを開発&運営中。 是非使ってみてください! Twitter:@uri_mtg

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。